ホーム > よくあるご質問

お墓に関する疑問・質問をまとめました

Q1.納骨堂の納骨形式を教えて下さい。
Q2.宗教や宗旨・宗派が違っていても納骨できますか?
Q3.納骨堂を契約するということはそのお寺の檀家になるということですか?
Q4.永代供養とはどのようなことですか?
Q5.子供がいません。承継者がいなくても申し込めますか?
Q6.納骨堂に納骨するには何が必要ですか?
Q7.地方のお墓を納骨堂に移すことはできますか?
Q8.問い合わせフォームから資料請求できませんがどうしたらいいの?



納骨堂の納骨形式を教えてください。
納骨形式にもいろいろなありますが、大きく分けると、お骨を土に還すという考え方で骨壷から出して
合葬する「合祀」と、骨壷のままご安置する「個別安置」があります。
納骨の期間や種類は各納骨堂施設により違いますので、
詳しくは「納骨堂案内センター」にご相談ください。


宗教や宗旨・宗派が違っていても納骨できますか?
過去の宗教・宗旨・宗派を問わずに受け入れているところがほとんどですが、
納骨堂によっては制限があります。
また、すでに戒名をお持ちでも、俗名のままでも納骨できる所が多くなっています。
納骨後は、そのお寺の宗旨・宗派で供養していただきます。


納骨堂を契約するということはそのお寺の檀家になるということですか?
宗旨・宗派不問で受け入れている所がほとんどです。
永代使用料と年間管理費などで、永代に供養していただけます。
檀家のように寄付を要求されることはありません。


永代供養とはどのようなことですか?
一定の納骨期間、各納骨堂でお預かりし、毎日の読経によってご供養されます。
また、合同法要や祥月命日、年回忌法要も行われます。
ご希望によっては個別の法要もできます。納骨期間を過ぎたお骨は、そのお寺の総墓などに移されて
合祀され、そのお寺で永代に供養されますので、無縁になる心配がありません。
納骨期間は各納骨施設によって違います。


子供がいません。継承者がいなくても申し込めますか?
継承者がいなくてもお寺が永代に供養してくれますので大丈夫です。
生前にお申し込みができるので安心です。


納骨堂に納骨するには何が必要ですか?
まずはその納骨施設への契約が必要です。
契約後ご納骨の際には、お骨と共に埋葬許可証をお持ちください。
納骨式の読経料としてお布施が必要な場合もあります。
お布施の額はお寺によって様々ですので「納骨堂案内センター」にお尋ねください。

>
地方のお墓を納骨堂に移すことはできますか?
お墓の引越しを「改葬」といいますが、まず引越し先の納骨堂をお決めになり
契約していただくことが必要です。
現在のお墓は更地にして返還することになりますので、納骨してあるお骨を出した後、
墓石などを撤去して魂抜きをする必要があります。
管理者(寺院や管理事務所)とご相談ください。
また管轄の市区町村へ届け出て改葬許可証を発行してもらう必要があります。
個々の状況により手続きは異なりますので「納骨堂案内センター」にご相談ください。


問い合わせフォームから資料請求できませんが、
どうしたらいいの?

お手数ですが、「納骨堂案内センター」のフリーダイヤル0120-49-7231までお電話いただくか、
直接メールをinfo@e-noukotsu.netまでお送りください。
電話での対応は午前9時30分から午後5時00分までとなっております。
土・日・祝日も受け付けておりますのでご連絡ください。